とハルナトル

何とも言えない笑顔が魅力的なナトル。可愛いというか、怖いというか・・ジブリのアニメの中でも個性的なキャラクターが勢ぞろいする猫の恩返しの中で、彼は特別に際立って感じました。見た目は意外と現実的な見かけをしていましたが・・・。それと、猫王の宰相、ナトリについても、そのものオジしない迷言といい、こちらもキャラが立っているというか。猫の国の雰囲気を醸し出すにはこの二人のキャラはかなり大切だと思います。まずは、声優さんについて。

ナトルの声優さんについて

マリhamadamari 濱田 まずは、ナトルの声をされていた声優さんはこちらも、ドラマで大活躍、個性派女優、濱田マリさんです。今は、俳優さんとしての活動のほうが有名ですが、昔は、歌手としても活躍されていて、独特な声の質は本当に印象的です。不思議キャラ、ナトルを2次元の世界から3次元へと私たちのイメージを飛ばせてくれる役割をかなり果たされていると思います。あのナトルの笑顔は不思議の国のアリスのにやにや笑いのチェシャ猫思い起こされます。その笑顔からあの押しの強い声、ハルを猫の国へと導く説得力。だけど、ジブリの声優された方って、その後、大活躍されている方とても多いような。縁起のいい作品たちなのでしょうか・・・それとも、やはり先見の明があるというか・・・

ナトルって可愛いと思いますか

何とも言えない、お帽子をかぶったような、お顔の模様、リアリティのあるお顔なんですが、なんとなくやはり現実の猫とは言えないような、雰囲気しているのはあの笑顔からでしょうか。登場のシーンもいつも、突然でびっくりさせられます。あの笑顔かわいいでしょうか。うん、やっぱりわたしはこわいいです。

それでは猫王の宰相ナトリについて

猫王とナトリ

何とも言えない、紫色の威厳のある御衣裳がすてきなナトリ。この方もすてきな俳優さんが担当されています。

ナトリの声優さんは

さといけんた

佐戸井けんたさん。こちらも幅広く活躍中の俳優さんです。さまざまなドラマに出演されていて、必ずといっていいぐらいキーパーソンとなる役割をされているようなきがします。あら、この顔、この方が出たらなにかあるな、とドラマの途中で思われるのはわたしだけではないのでは。けっこう重量級の存在感の猫王と並んでなお消えない個性。むしろ際立っているというか。後半のあの名言をさらっと吐けるのもこの人だからこそでしょう。

 

 

ナトリって可愛いと思いますか?

ナトリが可愛いってなんとなく無茶ぶりですが・・クールっぽいキャラでありながら、猫王の無茶な指示にも一生懸命で、それも失敗してしまうこと多いのですが・・そこがまたいいですね。私は、可愛いって思います。焦った時のギャップがいいですね。

ちょっと気になる、ナトリとナトルの共通点

同じ猫王の部下でありながら、まったくイメージの違う二人。ナトルは服なんか着ていないし、なんかいつも、リラックスしているような、近所の人なっつこいおばさんというかおじさんと言うか。言葉づかいも花嫁候補のハルに対して微妙に崩れていました。それに対してナトリは首まで詰まった長い衣装、クールな口調。二人の位置関係ぜんぜんわかりません。そこはおいといて。そのまったくちがう二人の共通点に気付きました。それは、お顔にメイクされているような彩色があるところです。ナトリには大きな目のくま。(くまではなく模様だという説もあるかもしれないですが・・・)ナトルにはピンクのつや。あの押しの強い、めげないキャラにはあのほほのつやって本当に必要でお目目とともに彼のキャラクターをかなり作っています。ルーン王子やユキちゃんにはまったくないです。ナトリとナトルのその人間臭いキャラクター。かなり胡散臭いですが、かなりいい効果を出しています。

まとめ

すっかり、自分の感性で考えたことつらつらと書き連ねてしまいましたが、猫の恩返しを見た方々どう思われるでしょうか?もしかして、見過ごしていたなと思われたら、機会があったら、ちょっと注目して見直してもらえたらと思います。