宮崎駿監督の代表作「天空の城ラピュタ」。ファンも多く、一度観たら何度でも観たくなる名作中の名作です。そんな「天空の城ラピュタ」のあらすじからストーリー、見どころをご紹介します。

スポンサードリンク

「天空の城ラピュタ」物語のあらすじ

E383A9E38394E383A5E382BF

ある日、少女シータは特務機関に捕まえられてしまい飛行船に乗せられていた。そこへ同じ狙いでドーラ家の襲撃があり、少女シータは誤って飛行船から落下してしまう。彼らとドーラ家の同じ狙いとはシータが亡き母から受け継いだという、謎の青い石。シータは飛行船から落下したがその謎の青い石が光を放ち、その光に包まれるかのように気を失いつつもゆっくりと地上へと落ちて行く所を、鉱山で働く主人公の少年パズーによって助けられた。

シータが目を覚ましシータが追われている事情を知り、パズーはシータを守り、共に逃げはじめる。

ドーラ家に追われ再び谷に落ちるも、謎の青い石の力で再び助かる。石にくわしい老人ポムによるとその石が飛行石だと言われ、空に浮かぶ伝説の城があると知る。パズーの亡き父もラピュタを見ていたのもあり、ラピュタに行くことがパズーの夢でもある。不思議なことにシータの家にはラピュタの名前も引き継がれていた。

地上に戻るやいなや今度は特務機関に捕まってしまい軍の要塞へ連行されてしまう。そこでシータはムスカ大佐から昔ラピュタ城から落ちてきたという壊れたロボット兵を見せられ、ラピュタについて教えられた。

ラピュタは今もどこかに浮いているという。ラピュタ王族がラピュタに帰るために代々引き継がれている物それがシータが手にする飛行石だった。

ラピュタが平和にとってとても危険であるとムスカ大佐はラピュタの探索への協力をシータに求め、パズーの命を守るためにもその協力を引き受ける事に。

シータはその夜、昔幼い頃におばあさんに教わった、困った時のおまじないを何気なく唱えた。

シータはそのおまじないが何なのかわからなかったが、そのおまじないはラピュタの封印を解く呪文だったのだ。その呪文により壊れていたはずのロボット兵は動き、暴れだし、飛行石は空に向かって光を放ちラピュタの位置を示しだしたのだ。

Sponsored Link

ムスカ大佐に解放されたパズーは今度はドーラ家に捕まり、パズーは一緒に連れて行ってほしいとお願いし、シータと飛行石を助けるために格闘する。シータを助ける事はできたものの飛行石はムスカ大佐の手に渡ってしまう。

ムスカ大佐は軍と共に、パズーとシータもドーラ家の飛行船でラピュタへと向かう。

しかし飛行船は軍に発見されてしまい攻撃されてしまう。シータとパズーは嵐に飲み込まれてしまい雷に打たれたパズーは青白い飛行船に導かれるままラピュタに到着。そこにいたのは軍に捕まったはずのドーラ家。パズーはドーラを助けるがシータはムスカ大佐に捕まってしまう。

ムスカの本当の狙いはラピュタの力を手に入れ、世界を支配する事。飛行石で城を操り軍の兵隊を皆殺しにする。

それを目にしたシータはムスカ大佐から飛行石を奪い返し逃走。昔幼い時に教わった滅びの呪文をパズーと唱える。

すると城は破壊、ムスカ大佐たちは海へ落下、パズーとシータはグライダーで城から離れドーラ家と再会。再開を喜び、二人は港町へと降りて行った。

続きは次のページ!