カーチス

「紅の豚」のマルコのライバルでもあるカーチスとはどんな人物なのか、まとめてみました。

「紅の豚」のドナルドカーチスとはどういう人物なのか?

マルコの飛行艇乗りとしてのライバルでもあり、また自称ではあるけれど、ジーナとの恋敵としてもマルコをライバル視する腕利きのパイロット。

アリゾナ生まれのアメリカ人でありながら、イタリア人の祖母を持つクォーター。

 

映画の序盤は、腕を買われて空賊連合の用心棒となるが、マルコへの奇襲が成功してからは用心棒を辞め独立するかたちに。

飛行艇の調子が悪いとはいえども、アドリア海一の賞金稼ぎであるマルコに勝利できることから、カーチスのパイロットとしての腕の良さが伝わってきます。

スポンサードリンク

カーチスの性格は?

また、イタリア人の血が流れているせいか、女性に惚れっぽいことは明らか。ジーナにはもちろんのこと、後にフィオにも惹かれ、すぐに結婚を申し込みします。

 

結局は飛行機乗りとしても、一人の男としてもマルコに負けてしまうカーチスですが、夢は大統領になることで、飛行艇のパイロットはそのほんのワンステップに過ぎないとジーナに語るシーンからみても、少年のような無邪気さを持っていて、マルコの良き好敵手として「紅の豚」をさらに魅力的な映画にしたキャラクターだと思いますし、私にとってカーチスは個人的にお気に入りのキャラクターでした。

カーチス役の声優を務めた大塚明男氏。

2012122603

「紅の豚」でドナルドカーチス役の声優を務めたのは大塚明男氏。

あまり声優に詳しくない私でも知っている有名な声優です。明男氏の父は「ゲゲゲの鬼太郎」でねずみ男役の声優を務めていた大塚周夫氏で、父子そろっての声優。

 

もともとは俳優志望だった大塚明男氏でしたが、父からの勧めもあって声優の仕事もするようになり、持ち前の渋い声色を活かしながら、現在は俳優業よりも声優やナレーションを多く務めています。

 

マルコの森山周一郎氏と同じく、かなり個性的な声なので、おそらくは誰もが一度は耳にしたことがあるかと思います。

アニメーション以外ではアクションスターのスティーブンセガールをはじめ、アントニオバンデラス、デンゼルワシントンなどのハリウッドスターの吹き替えも務めています。

 

私個人的に印象に残ったのは「機動戦士ガンダム0083」のアナベルガトー役。

このキャラクターで私は大塚氏のことを知りました。「紅の豚」のドナルドカーチスも上手く演じられていたのですが、最初に見た時に声優が大塚氏であることに気付きませんでした。それくらい、カーチス役に溶け込んでいたとも言えます。

o0450025712684464212

カーチスの年齢は?

映画の中においてカーチスの年齢については詳しい設定が出て来ませんが、外見や、空賊連合とのやり取りからして、マルコよりも少し若い30代半ばから後半くらいではないかと思います。

空賊連合の用心棒として雇われながらも、洋服や身のこなしなどから人一倍プライドが高く、気品高く振る舞う姿が見てとれます。

飛行艇乗りとしてのカーチス

ガラガラヘビのマークが記された飛行艇にのるカーチスは、かなり腕利きのパイロット。

マルコも映画の中でそれを認めています。頼りない戦力しか集まっていない空賊連合の中にあっても、慌てふためく状況の中で一人異彩を放ちます。

 

またパイロットとしてか、一人の男としてかは分かりませんが、マルコにいきなり飛行艇で勝負を挑みます。

本調子ではなかったマルコとはいえ、見事戦いに勝利。

 

その後は用心棒という職を離れて独立するような立場となって、マルコに変わりアドリア海一のパイロットに。

カチス

マルコ対カーチス

リターンマッチとなったマルコ対カーチスの空中戦はとても見応えもあって印象に深く残りました。

マルコが華麗な技「ひねり込み」でカーチスの後ろを取ったかと思えば、それを気合いで切り返して逆を取るなど場面などは、宮崎駿監督らしい、空に憧れを抱いている想いが目一杯詰まっているシーンだったと思います。

 

結局、空中戦からボクシングへと拳と拳の勝負になったのですが、そこでもお互いに一歩も譲らずない展開。

最後はジーナのことばが決め手となりマルコが勝者となりますが、その後に

 

「まだやれる」

という雰囲気で戦いの続きをやろうとしているカーチスの姿が、個人的には好きでした。

Sponsored Link

カーチスの気になったセリフや名言。

カーチスのセリフの中で印象に残っているのは、ジーナのテラスに乗り込んだときの場面。

無断でジーナのプライベートな庭に侵入するだけでも大胆ですが、ジーナに向けて自分の夢を語ったセリフ「大統領!」が個人的には一番印象に残りました。

 

何とも無邪気で「おばかさん」でもあるようなセリフですが、でもカーチスが言うと「もしかすると」というような雰囲気を感じさせるものがあります。シンプルだけど、いかにもカーチスらしい夢で好感が持てました。