20140121012937

ゲド戦記を引き立たせる悪役「クモ」。死を恐れ、不死を求め続けるクモですがいったいどんな人物なのでしょうか?声優、セリフなどを紹介しつつ、原作ではどのような存在だったのかを検証しながら「クモ」の正体に迫ります。

ゲド戦記「クモ」とはどんなキャラクター?

映画ゲド戦記の中で過去にハイタカに恨みをもつキャラクターとして登場するクモ。不死の力を手に入れるためにこの世とあの世を繋ぐ扉をこじあけようとする恐ろしい魔法使いとして描かれています。

 

死ぬことを恐れ、いつまでも生き続けたいと願うクモは自分自身で若返りの魔法をかけ、ウサギや衛兵たちを操って己の夢を果たそうとしています。本作品に描かれているクモは一見妖艶な雰囲気。

スポンサードリンク

ロークの大賢人であるハイタカを追い込んでしまうことから恐ろしい力を持っていることが窺えます。後に覚醒したアレンに裏切られるカタチでクモは魔法が解かれ、その正体を暴かれることに。

 

そしてテルーを人質にします。

 

しかし、その人質にしたテルーによって焼き果ててしまうカタチで最後を迎えてしまいます。

クモの声優は、ジブリ作品でも何度か声優を務めた田中裕子氏。

101102-2-e1422326194469

本作品で恐ろしい魔法使いの役であるクモの声優を務めたのは女優の田中裕子氏。

 

宮崎駿監督の「もののけ姫」ではタタラ場を守るエボシ御前の声優も務めていました。前回の力強いエボシ御前とは違い、今回のクモは冷徹非道なキャラクターで、そのキャラクターに合わせて声色も変えていました。

 

そのせいか、クモの声優を務めていたのが田中裕子さんだったんだとエンドクレジットを見て気付きました。でもそれくらいクモの声として自然に馴染んでいたかのように思いますし、冷たくて、どこか危うい感じが雰囲気がよく伝わっていました。

 

田中さんは実力派な女優さんだけあって、声優としてもかなり上手いと思います。

クモの性別は男なのか?女なのか?

22120503

私は原作よりも先に本作品を見たせいか、ずっとクモを女性だと思っていたのですが(おそらくそう思っていた方は多いのではないでしょうか)原作と同様で映画も実は男。

 

でも描き方や声優に田中裕子氏を起用するなど、中世的な存在としてのクモを見せたかったのではないでしょうか?

 

映画にする上でかなり設定も変えているので、女性にしても良かったのではないかと個人的には思いました。

トラウマに残ってしまいそうなクモの怖いシーンとセリフについて。

死ぬことを恐れ、生きることに執着するクモは、魔法の力で生死の境界を分つ扉をこじあけようとします。クモという存在は、私たち誰もが抱く「死への恐怖」というものを増幅させたて出来上がった人物なのかもしれません

 

そんなクモのシーンでトラウマになってしまいそうなほど怖かったのは「生きること」と向きあう覚悟を決めたアレンによって魔法を解かれたときの老いた姿。クモはそれでも最後まで死ぬことを恐れ、死を拒み、テルーを人質してしまいます。

 

そして追い込まれたクモはテルーを圧死させてしまうことに。その時の場面と、テルーを殺してしまったあとに言ったセリフ

 

Tales from the Earthsea 4

「死んだ死んだ、かわいそう」

 

というセリフ。

 

自分自身で命を奪いながらも、その失った命に対してもかわいそうという感じるクモの存在に、かわいそうなものを感じてしまいました。

クモの正体とは?原作ではどのような存在だったのか?

クモというキャラクターは原作の第三巻に同名で登場してきます。原作でも映画と同じように死ぬ事を恐れて、禁断とされている「生と死の境いを分つ扉」を魔法であけようとします。

 

先述したようにクモというのは誰もが抱く「死の恐怖」を増幅させたものの象徴となっているのではないでしょうか?

 

また目的を達成するために映画ではアレンとテルーがクモに立ち向かいますが、原作はハイタカとアレンがクモに挑みます。

スポンサードリンク

クモの最後は最後はどうなってしまったのか?

「ゲド戦記」のラストシーン、テルーは誠の姿である竜となってクモを焼き払ってしまいます。死を恐れ、闇におそれたクモに対してテルーは「影は闇に帰れ」と告げます。

 

そこからクモは命を絶ってしまったというよりも暗い暗い光もない海の底のような闇の中へと帰っていってしまったのではないでしょうか。そんな闇の底で生まれたクモが、生まれた場所へと帰っていく。

 

そんな場面を想像しました。