「天空の城ラピュタ」の登場人物の一人、「ポムじいさん」。そんなに多くは登場しないものの、ラピュタには欠かせない重要人物のひとりだということ、ご存知ですか?

不思議なセリフを発するポムじいさんに迫ってみようと思います。

スポンサードリンク

「天空の城ラピュタ」の登場人物の一人「ポムじいさん」とは一体どんな人?

th2BSU3SCQ

ラピュタに登場するぽっちゃりとしたこのおじいさん。

名前は「ポムじいさん」。沢山の重そうな荷物を背負い廃坑内から現れた老人。

もともとパズーとは面識があり、慕われている。パズーとシータがドーラ家と軍から逃げている時にこの廃坑内で遭遇した。鉱物にとても詳しく、鉱石の状態の変化を「石達の声」と言いながら廃坑内をさまよい、歩くことを楽しんでいる老人である。

シータが持っている謎の青い石も「飛行石」と情報を提供してくれたのもこのポムじいさん。

石が騒いでいるのは上空にラピュタが来ているからという言い伝えもパズーとシータに伝え、廃坑の中を知り尽くしているだけあって抜け出す道を2人に案内してくれたのだ。

 

とてもお茶目なおじいさんって事が見たからに伝わってきますね。

気になりどころが満載なポムじいさん。

一番気になるところはその大きな荷物の中身・・・ですかね(笑)

「ポムじいさん」の名セリフとは?

la074

「子鬼だ、子鬼がおる」

地下空洞で、パズーとシータを見て発したセリフ。

「はて?パズーににた子鬼だ。おまけに女の子の子鬼までおるわい。」

地下空洞でパズーとシータに近寄ってきてパズーの顔を見るなり言ったセリフ。

「どおりで石が騒ぐわけだ」

シータが持っている謎の石を「飛行石の結晶」とパズーとシータに伝えたシーンでのセリフ。

「わしには強すぎる」

飛行石をしまってほしいとシータに告げた時のシーン。

Sponsored Link

この時ポムじいさんは、自分のじいさんの言い伝えとして「岩が騒ぐのは鉱山の上にラピュタが来るからだとな」と二人に伝えた。

「その石には強い力がある。わしは石ばかり相手にしてきたからよくわかるんだが、力のある石は人を幸せにするが、不幸を招く事もよくあるんじゃ。まして、その石は人の手が作り出したもの。その・・・気になってのう・・・」

飛行石の力を2人に伝えるシーン。この言葉でパズーは本当にラピュタが存在すると確信する。

 

ポムじいさんのセリフ、どれもなんだか深い意味が見え隠れしているように感じますね。

特に最後のセリフはどんな意味があるのか、気にならずにはいられないセリフです!

次のページはポムじいさんの謎の検証!