ジブリ作品の中でも名作中の名作「天空の城ラピュタ」。ラピュタ語と言われる呪文が出て来る事でも知られていますが、

そもそも「天空の城ラピュタ」ってどういう意味なのでしょうか。さらに登場人物の名前も興味深い名前ばかりです。
と、言うことで天空の城ラピュタに出て来る名前を解説していこうと思います。

スポンサードリンク

「天空の城ラピュタ」という名前の意味とは?

6573

「ラピュタ」という名前は登場人物にも使われている「主」となる名前です。
そもそもラピュタとはスウィフトのガリヴァー旅行記の中で登場する、空を飛ぶ島にある王国の「ラピュタ王国」からとったものとされています。

 

ガリヴァーが訪れた飛島・浮島とは空に浮かび自由自在に移動できる島だったようです。空を浮かぶ島の物語を空想した人物の名前の借用以外はガリヴァー旅行記との関連はないようで、空を飛ぶ島にある王国、ラピュタ王国から「天空の城ラピュタ」という名前が付いたそうです。
興味深い名前は登場人物の名前にも続き、繋がりがあるようです。

気になる登場人物はこちら!

seeta

ヒロイン役の「リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ」作品内で「シータ」と呼ばれている少女。
ラピュタ語でウルは「王」、トエルは「真」という意味を表し、シータがラピュタの真の王女であることを意味している名前となる。

ラピュタを狙う特務機関に拉致されてしまい、飛行船でドーラ家に襲撃され逃げ出そうとしたところ飛行船から転落しパズーに助けられ二人は出会った。

天空の城ラピュタ「シータ」まとめ!名前の由来からセリフ、声優まで!

pazu

主人公の「パズー」はこの物語の主人公となる人物で鉱山で見習い機械工で働く明るい10代前半の少年。
両親の残した家で一人暮らしをしており亡き父はラピュタの発見に関して詐欺師と言われながら亡くなった為、自作の飛行機でラピュタの実在を証明することを夢見ている。

「天空の城ラピュタ」のパズーとシータのその後が気になる!小説では?

スポンサードリンク


シータと出会い飛行石を狙っているドーラ家と共にラピュタを巡る冒険へで正義感と行動力溢れる少年。

5de33bd4790ade7adec9527c4da243cb

特務機関の「ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ」

作品内では「ムスカ」と呼ばれている政府からの派遣の特務機関。

 

ラピュタの存在を知ってから新たな王としてラピュタに君臨し地上を支配しようと目的のためなら手段を選ばず行動する恐るべき野心家。

ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタを名乗るこの男はラピュタ王国の分家でパロ家。本人いわく地上に降りた時に王家は二つに分かれたと述べている。

「目が、目が~!」のセリフ後、ムスカ落下!一体どうなった?!

ドーラなどは次のページ!