ルーン

猫の国、不思議な国へ、ハルが行くきっかけとなった、猫ちゃんは、猫の国の王子様、ルーンです。赤と青のオッドアイの持ち主、しなやかに手足に優雅な足取り。ロシアンブルーを思わせる毛並み。猫の恩返しで

バロンと並ぶ二人のイケ面と言えば、この方です。ルーンについて語っていきたいと思います。

ルーン役の声優さんは

山田孝之

こちらも、イケメンアンド演技派の俳優。山田孝之さんが担当されています。すごく個性的で、現在ワイルドな役が多いのでこちらも少し、意外な感じがします。クールな感じの空気感は一致するところもあるかも

猫の国の王子様、ルーンはすごくまじめな性格で、紳士的、礼儀作法も行きとどいている感じ。トラックから助けてもらった、ハルに冷静に丁寧に挨拶をして去っていきます。最初の一声。猫から猫王子に変わる瞬間、物語を見る人をあちらの世界に誘い込むシーン、ルーンのルックスの映像ともに空気感が声からも漂っていたと思います。

猫の国の王子様って、どんな仕事をしているのでしょうか?

道路で車にひかれそうになり、ハルにラクロスでシュートされ助けられるルーン。お礼を言うときに、では急いでいるのでさっさと去っていってしまいます。その後、ハルの自宅にお礼に猫王や猫の一行が現れますが。ルーン王子一行に現れません。そのわけは?猫の国で何をしているかよく分からない。王様の代わりにでしょうか?

地方で経済連の会食に

とハルが猫の国に行っても一行にルーンには会えないので召使に聞いてみるとこのような言葉が・・王様の代わりにいろいろ執務をこなしているようですね。だから、忙しくて、思わず道路にプレゼント落としちゃったりするのかも。イケメン王子の連れている猫の軍隊もまたイケメンぞろい、でも、彼らに王様のことは目に入ってないようだったので、実際、猫の国の実権はルーン王子が握っているのでしょう。とっても忙しそう。

ルーン王子の恋人、美女猫ユキちゃん

ルーン雪ちゃん

忙しそうなルーン王子。その中でも、きっちり意中の人を見つけていました。その子は、ハルに昔救ってもらった白猫のユキちゃんです。真っ白い毛並みに、美しい青色の瞳、それはそれは、美人さんでは。ハルに助けてもらった同志がまた恋人になる。すごい展開です。ちなみにルーンは軍服着ているときのほうが3割増しかっこいいかも。

ユキちゃん役の声優さん

前田アキ

前田阿木さん。ユキちゃんを担当された俳優さんです。これもまた美人さんです。ユキちゃんと名前も一字違いだし・・ぴったりかも。でも彼女の子役時代奇跡的にかわいいです。アフレコ当時はもっとあってたでしょう。

猫のユキちゃん、野良猫だったようでとっても苦労人。おなかをすかせて泣いていて、小学生?の頃のハルちゃんが、自分の食べていたお魚クッキーを丸ごとプレゼント。このことをずっと忘れなかったユキちゃん。ハルを助けるために頑張ります。でももしかして、自分の大事な王子様にせまるハルちゃんが気に入らなかったのかも。・?・

ルーンとユキちゃんとハル

よーく考えるとこの3人はすごーく縁が深いのですね。2人ともハルが助けて、その助けた2人が出会って好きになる、風吹けばおけ屋がもうかるじゃないけど。昔自分がしたことは何らかの形で返ってきてます。最初は猫を助けたことを後悔しちゃったハルだけどこの不思議な冒険の始まりはやはり、ハルの優しいこころから・・

それが、猫の事務所の扉を開け、なんとなくの毎日から一皮むけるきっかけとなります。以前気になっていた彼がの「彼女と別れたみたい?」と言う、親友?ひろみのことばにも、ちょっとどうでもいいかなとクールな対応に出れるようになるハルさんかっこいいです。(もちろん、バロンに会ってしまえばあとはどうでもいいかも)

ハルの言葉で最後に助けてよかったんだと出てきます。日常の一つ一つの行動が紡ぎ出す人生。その生地の模様を織っていくのは結局自分・・・美しいと思うのかも結局自分ですね・