スポンサードリンク

カンタとさつきはどうなったのか?

さつきのクラスメイトであるカンタは裏のおばあちゃんの孫。

 

引っ越して来たばかりのさつきの家を「お前んち、おっばけやしきー」と言って馬鹿にしますが、あれはさつきのことが気になっていることの、男の子なりの表現だと思います。

o0500031113088253640カンタはわんぱくだけど根は優しくて、雨の日にさつきとメイに傘を押し付けるようにして渡すところも、同じ男として僕もよく分かります。さつきとカンタは最初こそ喧嘩したりしていましたが、徐々にお互いの存在に慣れてくると友達のようになっていきます。

 

メイが居なくなった場面も、さつきとカンタがお互い信頼しあっている雰囲気が伝わってきました。その後、2人がどうなったのかは推測でしかありませんが、素敵な男の子と女の子育ってゆくゆくは一緒になるといいなぁと想像しています。

 

最後のエンディング曲が流れる時にも、どこかそんな行く末を案じさせるように描かれていたように思います。

スポンサードリンク

気になるウワサ「さつきとメイは死んでいる」

最近話題になっている「となりのトトロ」の都市伝説で、「さつきとメイはすでに死んでいて、あの話はお父さんの想像だった」というウワサが流れています。

 

なぜそのようなウワサが出るようになったかは、「映画の後半で影が薄くなる」とか「さつきとメイがいまそこで笑ったような気がした」とお母さんが言ったセリフからそのようなことが取り沙汰されるようになりましたが、この件に関してはスタジオジブリが公式に「そのような設定はありません」と否定しています。

 

確かに一つの変わった視点ではあるとは思いますが、やはりストレートに私は捉えてこの映画を見た方が良いと思います。「となりのトトロ」は、もはやアニメーションだけでなく、日本の映画として今後ずっと残ってゆく素晴らしい映画だと思いますし、日本だけでなく海外の方にもぜひ見てもらいたい作品の一つです。