どうも、木村です。

今日は『千と千尋の神隠しのカオナシ』について書きたいと思います。

カオナシとはそもそもどんなキャラなのか?

一言で言えば欲望の塊です。

カオナシはみんなが大好きな「金塊」を好きなだけ出すことができます。

そして、それを引き換えに千尋(千)も手に入れようとします。

金塊をちらつかせて、それと引き換えに、ですね。

ただ、千尋は油屋(旅館)で働くその他大勢とは違い、砂金を受け取ろうとはしなかったわけですね。

欲深い「カオナシ」と、
欲の少ない素直な少女、千尋

この組み合わせがこの作品の重要なキーワードになってきます。

■「お金」というものをどういうふうにとらえているか

僕の職業は個人投資家兼、自身で会社経営もしています。

そういうとさぞやお金に強い執着を持っているんでしょうと思われがちですが、
確かにお金を稼いでやろうという気持ちは強いと思います。

ただ、同時に「たかがお金」という気持ちもあります。

強いていえば、お金がなくなったからといって死ぬわけではないですし。

お金はただの価値と価値の交換権。

昔はお金が流通してなかったので、モノとモノの物物交換で経済が成り立っていた。

ただ、それだと1kgの肉と、100匹の魚は果たして対等な交換が成り立つのか?
など、疑問が生まれたり、
持ち歩くのが困難だったりした。

そこで、持ち歩くことができて、かつ、価値の共通の尺度として、貨幣が生まれた

今ではクレジットカードや、さらには仮想通貨まで生まれ、
お金がただの「数字」に過ぎなくなっていますよね。

だから、僕にとって「ただの便利なもの」という認識なんです。

■価値を多く提供した人のところにお金は集まる

ちなみに、僕はお金を稼ぐのは悪いことだとは全く思っていません。

そりゃあ、そうですよね。
じゃあ仕事してる人はみんな悪いことしてるってことになっちゃいますから。

でも、世の中にはお金をたくさん稼いでる人=悪いことをしてるっていう認識がどうしてもあります。

確かに、中にはそういう人もいますよ。

犯罪に手を染めて稼いでいたりとか、そこまでいかなくても、極めてグレーゾーンでお金を稼いでる人とか。
もちろん、そういう人たちは今すぐクタバレって感じですが(笑)。

ただ、ほとんどの人はそんことはなくて。

お金を多く稼いでいる人は、そうでない人よりも「多くの価値」を世の中に提供している

だからその分多くの見返りを得ている。

ただそれだけのことです。

決して「多く働いた人」ではなく、「多くの価値を提供した人」っていうのがポイントですね。

もし、多く働けば働いた分だけ多くの収入を得られるっていう理屈が成り立つのなら、
ずーっと掃除をしてればお金が稼げるってことになりますよね。

もう十分綺麗になってるのにも関わらず、ただずーっと同じところを掃除しててもお金が稼げることになっちゃいます。

それはちょっとおかしな話ですよね。

だから、やっぱり収入は「提供した価値」によって変わるべきだと思うんです。

でも、多くの人は「大きな価値を与えられる働き方」を知りません。

学校では「サラリーマンになって、雇われて働く」という概念しか学ばないですから。

そこで、僕は自分のブログで「個人がより大きな価値を提供する方法」をお話しているというわけです。

僕のメインブログはこちら

■稼げない人のお金の見方

カオナシや千尋以外の油屋で働く人たちがよくなかったのは、
目の前に自分が欲しいものが現れた時に、自分は何もしないにも関わらず、
それを「タダ」同然で手に入れようとしてしまったことです。

カオナシは千尋にとって何の価値もない、砂金を無理やり押し付けて、それと引き換えに千尋を手に入れようとしていました。

でも、千尋は別に砂金なんて欲しくないわけですから、その時点で「価値と価値の対等の交換」が成立していません。

また、カオナシにたかって砂金を恵んでもらおうとしていた油屋の人たちも、
普段はお客さんである神様たちに精一杯仕えることで、その見返りとしてお金を得ていたのに、
この時はカオナシから無償でお金を得ようとしています。

結果、カオナシに飲み込まれてしまったわけです。

まるで「今この投資案件に投資すれば何もしなくてもそれだけでお金持ちになれまっせー」という
儲け話にまんまと乗って、結果的に大損してしまった人みたいですね(苦笑)。

つまり、僕が今話した
「収入を上げたければ、それだけ大きな価値を提供しなければならない」
という概念を持たずに、ただ目の前の欲望に目がくらんでしまうような人は、
決してお金持ちにはなれないということです。

多くの人が稼げない理由がここにあります。

「世の中に多くの価値を提供する方法」

を皆学ばないのです。

そもそも「価値」っていったい何なのか?っていうことも学ばないですよね。

だから、多くの人が会社に勤めて働くことこそが、正義だっていう間違った価値観でがんじがらめになってしまうんですね。

多くの価値を世の中に提供して、その対価としてお金を稼ぐのであれば、全く健全だし、むしろそれは間違いなく「いいこと」ですよね。

もし、そうやって世の中に多くの価値を提供するという、
「真っ当な方法」で収入を増やしたいのであれば、まずはこちらから学んでみてください。

生涯使えるCherryCokeの資産運用術