どうも、木村です。

今日は久しぶりに「千と千尋の神隠し」について記事を書きたいと思います。

さすが日本映画No1の興行収入を獲得し、アカデミー賞を受賞した映画だけあって、
まさに日本が誇る「神映画」ですね。

この映画では10歳の少女である千尋(千)が、八百神が疲れを癒しに来る
「油屋」という湯屋で働くことを通して「生きる力」を取り戻していく様が生き生きと描かれています。

この映画を見ると、人が成長するために必要なことが見えてきます。

そこで、今回は「千と千尋の神隠し」を観ることで見えてくる、
人が成長するために重要なことについて話していきたいと思います。

■無気力だった主人公

「千と千尋の神隠し」は10歳の少女千尋が新しい住居へ移動する車の中からその物語がスタートします。

画像

めっちゃやる気ないですよね(笑)。

完全に逝っちゃってる目をしています。

おそらく、千尋は転校なんてしたくなかったんでしょうね。

ただ、親の都合で仕方なく、ってところでしょう。

このシーンからはそんなどうにもあらがえな力への、千尋の無力感が伝わってきます。

これは現在の日本の社会全体のメタファーです。

自分のやりたいことはこんなことじゃない

と、現状に満足しない気持ちを持ちつつも、そんな想いを押し殺して生きている。

「どうせそんなこと考えてもどうにもならないし」

半ば諦めてしまってる感じですね。

僕も昔はそうでした。

何の取り柄のない自分をなんとか変えたい。

自分がやりたいことだけして、好きな人と毎日会って・・・

そんな自由で楽しい生活をしてみたい。

・・・でも、そんな方法なんてあるわけないし。無理だよ。

みたいな。

この時の僕は全く自分の感情に素直ではありませんでした。

千尋もたぶん同じような気持ちだったんでしょうね。

■突然放り込まれた異常な世界での葛藤

ただ、そんな冒頭のシーンから一転、両親に連れられて「不思議の世界」への門をくぐってしまったことから、
千尋の運命は大きく変わります。

両親は豚に変えられてしまい、千尋自身もそうなりかけてしまう。

そこで一人の少年、ハクに助けられたことで事無きを得ましたが、千尋はこのよくわからない世界で一人、
油屋という湯屋で働かなければならなくなります。両親と一緒に元の世界に帰るために。

もし自分が千尋と同じ状況になったらって考えると、絶対心細いですよね。

なんとか働かせてもらえるようになった日の翌日、
ハクからもらったおにぎりに涙を流しながらかぶりつく千尋を見ても、
その不安とか寂しさが伝わってきます。

つまり、物語の前半では千尋の「葛藤」が大きく描かれてるわけです。

■葛藤を乗り越え人は大きく成長していく

ただ、そんな葛藤を抱えながらも、不思議の国での千尋は
冒頭の無気力でただ親の言いなりになってる感じよりも
だいぶ生き生きしてるように見えますよね。

湯婆婆に「ここで働かせてください」って言ったり、

千ばあに「ハクを助けたい」って言ったり

ようするに、元いた世界では言われるがまま、成すがままだった千尋が
不思議の街に来て大切な人や自分がピンチになる状況を通じて、
「自分の意志」を明確に持ち、それを素直に表現するようになっていったわけです。

そして、それが結果的にハクや両親だけでなく、油屋で働く人や坊や千ばあにもいい影響を与えました。

千尋は最初は「見知らぬ世界に来て両親も豚に変えられる」っていうものすごい葛藤を味わったわけですが、
結果的にそれがきっかけとなって、自らが行動することで世界を変えられることを知ったわけですね。

■まとめ

このように「千と千尋の神隠し」は千尋という少女が葛藤を乗り越え「生きる力」を取り戻していく物語なわけですが、
ここから学べることは、人が成長するためには「葛藤」や多少の「負荷」は必要不可欠ということです。

ぬるま湯にいても何も変わらないんですよね。

たとえば、僕も自分の社員には、あえて「できるかどうかギリギリのタスク」を振るようにしています。

もちろん、本人からしたらたいへんでしょうが(笑)、ただそうゆギリギリのところを頑張って超えていくことで
社員はみんなどんどん成長していくわけです。

半年たったぐらいでは皆別人になってますから。

そう言えば、同じことをこの「千と千尋の神隠し」のプロデューサーである鈴木敏夫さんも言われていましたね。

参考記事:ジブリヒットの生みの親。名プロデューサー鈴木敏夫の仕事術に迫る

僕のところには「人生を変えたいです」「もっと稼いで自由に生きていきたい」という人がたくさん来るのですが、
そこで僕が彼ら彼女らに言うのは「変わる覚悟を持ちましょう」ということです。

覚悟を決めて、今までとは違う環境に飛び込み、自分にあえて負荷をかけるんです。

たとえば、お金を稼いでる人たちがたくさんいるコミュニティに入るとか。

そうすれば、最初はもちろんたいへんですが、必ず成長しますから。

逆に、どここに逃げ道を用意してると、どうしても伸びるのが遅くなりますね。

というわけで、成長したければ、環境を変えるなどして、きちんと自分に負荷をかけることを意識しましょう。

それでは。

木村

PS

もしよければ今より自由に生きる方法を学んでみませんか?

生涯使えるCherryCokeの資産運用術