宮崎駿監督の映画には、けっこういろいろ解釈に悩むところが多く、ネット内ではそれについて激論を戦わせている人もた・・・