e77a67e515c4ec4b1e85f3cea00ef675

今までのジブリ作品と一味違った雰囲気を醸し出すヒロイン「テルー」。

 

「どこか、寂しそうで不思議な少女だな?」と思った方も多いのではないでしょうか?。そんな不思議な少女テルーの正体と、不思議な魅力に迫ってみます。

スポンサードリンク

映画「ゲド戦記」におけるテルーとは?

本作品であるテルーは幼い頃にキズを負った少女で、原作「ゲド戦記」にも同名で登場します。テナーに助けられ、テナーのもとで家畜や畑を耕しながら生活をしていましたが、テルーにはどこか不思議な雰囲気が放たれているように思います。それをハイタカも感じ取ります。

 

生きることに顔を背け、命を軽くみるアレンに敵意をむき出しにするも、やがてはアレンの抱えている悲しさのようなものを知り、アレンに歩みよります。原作ではもっと外見的にはひどいキズを負ったように描かれていましたが、本作品ではそこまでは表現されていなかったように思います。

 

私はこのテルーというキャラクターが好きで、何と言っても「これまでにいなかったヒロイン」であり、どこか心に深く入り込んできました。

ヒロインであるテルー役を務めた声優、手嶌葵。

1191662761

ヒロインであるテルー役をつとめ、また主題歌「テルーの唄」の歌手も務めたのは新人の手嶌葵さん。

 

この「ゲド戦記」がデビュー作となり、そしてまた「テルーの唄」における、心が震えるような歌声も話題にもなりました。あるテレビのドキュメンタリーで見たのですが、手嶌さんは大のジブリファンで、自分の歌ったデモテープをスタジオジブリに送ったとのこと。

 

それがきっかけで「ゲド戦記」に歌手としてだけでなく、声優としても抜擢されたとのこと。声優についてはまだまだ未熟な部分が目についたところはありますが、それを上回るほどの個性的な声と歌声だったと思います。

 

宮崎吾郎監督の自作「コクリコ坂」でも主題歌を務め、また素敵な歌を披露されていました。これからの活躍が楽しみです。

テルーはかわいいのか?

35344567

テルーは歴代のジブリのヒロインの中では少し変わった存在感を放っていると思います。幼い頃に心や体に傷を負ったテルーは、繊細なこころを持ちながらも芯の強い女の子で、私個人的にはとても魅力的なキャラクターでした。

 

かわいいというよりは、少し近づきがたいけど、魅力的で雰囲気のある女の子。

 

女優さんで例えるならば深津絵里さんや宮崎あおいさんのような透明感、存在感のあるキャラクターに思いました。私好みのヒロイン、テルーです。

テルーが登場する名シーンについて。

私が心に残ったテルーの名シーンはテナーの家の牧場で一人「テルーの唄」を唄うテルーの姿。

 

その歌は心の奥底にある湖に石を放り込まれたような気持ちにさせます。手嶌さんの歌声はきれいなだけでなく、どこか人間としての凛とした強さを感じます。そのテルーの歌声を聴いてアレンが涙をこぼすシーンはこの映画の中でとても大好きなシーン。私も思わず涙をこぼしそうになりました。

心に残ったテルーのセリフと名言。

2MAUS0P100B50003

テルーのセリフには「生きること」「いのち」にまつわるセリフがとても多いように思いました。それはテナーのもとで厳しい自然と共に歩んできたからこそ出てくる考え方であり、ことばだったように思います。

 

そして生きることに怯え、死から目を背けていたアレンに対して言ったセリフ

「命を大切にしないやつなんて大っ嫌いだ」。

 

このような素直な感情を、素直な言葉でまっすぐに伝えられるのは、テルーが心の強い人間だからだと思います。その他にもこのテルーのセリフには心に残るものが多かったです。

テルーの正体は竜(ドラゴン)だった。

この「ゲド戦記」の中において時々姿を現す竜。映画の冒頭で「人と竜はもともと同じ世界で暮らしてのだけど、お互いの立場によって住む世界が分けられてしまった」というような内容が語られています。

 

映画の終盤でテルーはアレンに誠の名前を告げます。それはアレンにテルーの全てを委ねたことということを意味するもの。そして映画の最後でクモという存在を消してしまったテルーは、正体である竜の姿を晒します。

 

つまり、テルーは人間の姿に変えていたテハヌーという竜の一族のだったことが窺えます。

スポンサードリンク

テルーの歌は心に残るほど奇麗な歌。

この「ゲド戦記」の大きな魅力の一つは「テルーの唄」にあるといっても良いと思います。

 

初めて聞いたときから今に至るまで、耳にする度にどこか胸がざわざわするような、深く染み込んでくる唄だと思いますし、これまでの歴代のジブリの主題歌のなかでも私は一番好きです。歌声だけでなく詩もメロディーも秀逸だと思います。

 

手嶌さんは福岡の出身とのことで私と同郷、というのも勝手ながら少し嬉しく思いました。次点の「コクリコ坂」でもその美声で歌っていてそれもまたとても良かったと思います。