majo15-640x360

ジブリ「魔女の宅急便」のトンボについてまとめてみました。

「魔女の宅急便」のトンボについて

トンボはキキが見つけた街に暮らす男の子。大きな丸メガネとボーダーのシャツと自転車がトレードマーク。性格はやんちゃな男の子らしく元気で前向きでお調子者。そして空を飛ぶことに対して異様なくらい憧れを抱いています。

 

キキが空を飛んでいる姿をみてキキに関心を持ちます。トンボは積極的にキキにアプローチするも、キキは聞く耳をもちません。それでもめげずにアタックする所は、積極的なヨーロッパの男の子らしいなと思いました。

スポンサードリンク

でもそんな純粋で、屈託のないトンボにキキも歩み寄ります。トンボは不時着した飛行船の飛行に乗せてもらいますが、アクシデントのため一人空の上をロープ一本に捕まるという絶体絶命な局面を迎えます。それでもトンボにはどこか余裕みたいなところがあって、かなり楽天家のような気もします。

将来大物になりそうな、そんな男の子です。

トンボの声優を務めた山口勝平氏

yamaguchi1

「魔女の宅急便」のトンボ役の声優を務めたのは山口勝平氏。テレビアニメや洋画の吹き替えとして活躍するプロの声優です。福岡出身で、舞台俳優を目指しながら声優としても活動していました。

 

溌剌とした声色で、元気溢れる少年役や青年役を務めることが多く、ワンピースや名探偵コナンなどにも出演されています。2004年に自身でプロダクションを設立し、そこで声優兼社長として勤めています。

 

本作品のトンボでは、やはり元気で活発なトンボ役を上手く演じられていたと思います。とても自然で、すんなりとキャラクターに入っていけました。

トンボのプローフィルについて。本名、年齢、性格は?

img_7

本作品において空に憧れを抱く少年として登場したトンボは14歳でキキよりひとつ年上です。いつも大きな丸メガネをかけていることからトンボというあだ名で呼ばれているのではと推測します。

 

映画では風邪が治ったキキにオソノさんがパンの配達をお願いするのですが、その時に「コポリ」という名前が出てくるため、トンボの本名はコポリであることが分かります。ただそれがファーストネームなのかラストネームなのかは分かりませんが。

 

トンボの性格は先述したように元気で前向きでお調子者な少年。空を飛ぶことが夢で「飛行クラブ」というグループにも所属しています。空を飛ぶキキを見てワクワクしてしまい、つい前のめりになってキキにいろいろとアプローチする姿は、何だか見ていてとても気持ちがいいくらいです。

そしてキキに何度断られようと挫けない姿勢には頭が下がる思いです。個人的にはジブリの中でも好きなキャラクターです。

トンボの発明した自転車がすごい

majo28-640x374

キキをパーティに招待した時に完成したトンボが所属する「飛行クラブ」の自転車。

自転車の先端にプロペラを付け、ペダルとプロペラが駆動するしくみなっているため、最初のスタートは自力で前に押し進める必要があります。トンボはキキを乗せてこの飛行機胴体部に乗って不時着した飛行船を見に行きます。

 

トンボは下り坂でスピードに乗った自転車でビュンビュンと海岸線の道路を走って行きますが、プロペラが車やバイクに当たらずに済んでよかったなぁと思うほど狭い道路をキキを乗せて突き進みます。キキは最初こそ戸惑うものの、コツをつかみ自転車がカーブに差し掛かると体を倒して(バイクでいうとハングオン状態)コーナを上手く乗り切ります。

この2人の自転車シーンはかなり手に汗握る迫力あるシーンでした。

Sponsored Link

この自転車は壊れてしまいますが、映画のラストシーンでトンボがキキと共に人力飛行機で空を飛ぶシーンが出て来ます。飛行機の胴体部が、あの時の大破した自転車と同じものなのか、気になるところです。

印象に残ったトンボのセリフ

61638041a13f0bdf87c662b40f5407bc

トンボのセリフの中で良いなと思ったのは、不時着した飛行船を前にキキと2人で交わしたときのセリフ

「才能を活かした仕事だろ。素敵だよ」。

 

雨に塗れ、冷たくされ、風邪までひき落ち込んでいたキキにとって、このトンボの言葉はとても暖かいものに感じたのではないでしょうか?またトンボの言い方もとても素直で真っすぐな感じで良かったです。

しかしこの後に、トンボの友達が入ってきて、キキは急に冷たい態度になり物語は新たな展開へと進んで行きます。