20160324202849

少しの登場ながら、魔女の宅急便で大きな役割にも感じられる絵かきの「ウルスラ」。今回は、この特別な役割を担う名脇役「ウルスラ」についてまとめてみました。

「魔女の宅急便」に登場するウルスラとは

ジブリ作品の中でもファンの多い本作品「魔女の宅急便」の中で登場する絵描きのウルスラ。キキが最初の仕事で黒猫のぬいぐるみを落とした時に出会ったウルスラは、この作品の中でも私の好きなキャラクターの1人。

 

絵描きを目指している彼女の生活はとても明るくて前向きで、まるで太陽のよう。でも描く絵はどこか抽象的で繊細さを感じさせます。キキが魔法を使えなくなって落ち込んだ時に突如あらわれてきたウルスラは、キキを連れて絵描き小屋へ。そこで過ごした時間がキキにとってとても大きな意味を持ったのではないかと思います。

ウルスラを務めた声優は?

7000014

絵描きウルスラの声優を務めたのは主人公のキキの声優も務めた高山みなみさん。声の質がキキとウルスラと違うので最初気付きませんでした。

 

高山みなみさんはもともとOLとして働いていたのですが、20代前半に声優への道を目指されます。代表的なのは「名探偵コナン」の江戸川コナン役で、すでに20年以上も務めているので誰もが一度は聞いたことのある声ではないでしょうか?

 

本作品ではドジでおっちょこちょいなキキ役も上手く演じていましたが、私は個人的にウルスラの方が何となく高山さんの得意とするキャラクターなのではないかと感じました。それくらいウルスラはとても自然で上手かったと思います。

 

キキとウルスラが2人で語り合うシーンは高山さんが一人二役でやっていたと思うと、なんだか不思議な感じがします。でも全く違和感が無くてさすがにプロの声優さんの仕事だなと思いました。

ウルスラの気になる年齢

PMWwvB7tlI8jwrv_VwkVN_66

一見大人っぽく見えるウルスラの年齢は19歳という設定。

 

本作品ではキキにとっては頼もしいお姉ちゃんのような存在だったと思います。その若さでありながらも、絵を描く事について真剣に向き合い、好きな絵によって苦しんでいた様子がウルスラのセリフにも表れていました。

 

前向きで元気で明るいウルスラですが、眠る前に語ったキキへのことばから、まだまだ不安定な10代の少女らしさが窺えたようにも思いました。

キキに見せたウルスラの絵は上手いのか?

c72953d5d269db8df74b3f88ab6176ee

映画の後半、魔法の力が弱くなったキキのもとへウルスラが突如訪れてキキを自分の絵描き小屋へ誘います。そこでウルスラがキキに見せた一枚の絵は、この映画の中でもかなり印象深いシーンとして私の頭の中に刻まれています。

 

森の上に広がる夜空を、魔女と動物が駆けている絵。最初見た時に私はシャガールの絵を頭に浮かべました。普段の明るいウルスラではなく、内面に秘めていたものをそのまま筆に込めて描いたような一枚。特徴的なのは夜空に浮かぶ赤い歪な月。この月がキキや動物達よりもこの絵の重心を占めているように思いました。

 

キキがこの絵を見た時に思わずに口にしたことば

「すてき」。

私もすてきな絵だと素直に思いましたが、絵の出来が上手いか下手については見る人によってそれぞれだと思います。

印象に残ったウルスラの名シーンと名言。

kiki-consegne-a-domicilio-immagine-dal-film-5_mid

ウルスラの印象に残ったシーンは、キキと2人で眠る前に語り合ったシーン。この場面は2人が抱えているものをお互いに素直に言葉にしたシーンで、私にとっては歴代のジブリ作品の中でもかなり好きなシーンです。

 

仄かな灯りの中、キキの

「血で飛ぶ」

ということばに対してのウルスラのセリフ

「魔女の血。絵描きの血。パン職人の血。神様がくれた力なんだよね。おかげで苦労もするけどさ」

とても19歳の女の子とは思えないくらい達観したセリフだと思いますが、実際に何かに真剣に向き合った人にはとても共感できる言葉ではないかと思います。

 

もう一つ、ウルスラのセリフで印象に残っているのはキキをモデルに絵を描いていたときのセリフ。魔法の力が弱くなって飛べなくなったキキはウルスラも絵が描けなくなったことがあると聞いて

「そんな時、どうするの?」

と聞きますが、

 

ウルスラはきっぱりと

「描くのをやめる」

と潔く応えたセリフはとても印象的でした。これはウルスラという一人の女性がどのような人物なのかを知る手がかりとなるセリフだと思います。

スポンサードリンク

ウルスラについてのまとめ。

ウルスラの登場するシーンは時間にしてそこまで多くはないのですが、私はこの作品の中でかなり大きな意味をもつ存在ではないかと初めて本作品を見たときから感じていました。

 

ヒマワリのように明るいウルスラはキキが少しだけ大人になるきっかけになったのではないかと思います。またウルスラの描いた一枚はキキをモデルにしたどのように出来上がっていったのでしょうか?

 

個人的にはとても気になります^^。by tadamatsu