1986年に公開された映画「天空の城ラピュタ」は今ではジブリ作品の中でも1、2を争う程の人気作品となりました。主題歌の発売は映画公開から1年後の1988年。今回はジブリ人気作品「天空の城ラピュタ」の主題歌からエンディングまで一挙ご紹介して行こうと思います。

スポンサードリンク

誰もが1度は耳にしたことがあるはず!「天空の城ラピュタ」の歌は有名中の有名に!

E383A9E38394E383A5E382BF

ジブリ映画の「天空の城ラピュタ」に使用されている楽曲は何曲かありますが、今では「天空の城ラピュタ」といったら「君をのせて」。「君をのせて」といったら「天空の城ラピュタ」という位世間に浸透しています。映画の後悔が1986年と今から30年も前の映画になりますが、若い世代の10代20代から50代、60代まで幅広い世代に愛されている作品となりました。この曲がかかると「あ!ラピュタ!」と思わず声に出てしまう程、作品と曲がセットで有名になっているようです。

親の世代から、子に引き継がれ、今では孫までに引き継がれている「天空の城ラピュタ」と「君をのせて」。

これからも目が離せないのと同時に、まだまだこれからも若い世代に引き継いでいってほしい作品です。

 

「天空の城ラピュタ」の有名な主題歌とは?

kimiwonosete

今では完全に知らない人はいないくらい浸透していますね。

そう。「君をのせて」です。この名曲を歌っているのがジブリ作品とゆかりの深い歌手「井上あずみ」さんです。

井上あずみさんはこの「天空の城ラピュタ」の主題歌「君をのせて」で一躍有名になり、その後「となりのトトロ」の「さんぽ」、「魔女の宅急便」のイメージソング、「めぐる季節」や「想い出がかけぬけてゆく」なども井上あずみさんが歌っており、ジブリ作品の曲ではよく耳にするのびやかで女性らしい歌声の持ち主です。

実はこの「君をのせて」は1988年に初めてCDシングルとして発売されてから3度にわたりCD化しているのです。

一番初めは1988年に発売されたもので、今では目にしなくなった8センチのCDシングルで、カプリングには「君をのせて」の合唱が収録されていました。

二度目は2000年に同じくCDシングルで8センチCDでしたが、3曲目に「君をのせて」のカラオケバージョンが収録されたものが発売になりました。

この発売をきに、自宅などでカラオケを楽しんだ方も多いのではないでしょうか。

3度目は、2004年に発売となり、2度目と同じ収録されたものと同じですが8センチのシングルサイズではなく、今普及しているマキシシングルとして発売されたのです。

時代の流れを実感しますね。

ただ、同じ収録でもまた聞きたいと思う人が沢山いるということは、それだけ愛されている作品なのでしょう。

 

「天空の城ラピュタ」のエンディングは?

img_0

ラピュタのエンディング曲ってどんな曲だったっけ?と、ここまで読んで思った人も少なくはないのではないでしょうか。ラピュタのエンディング曲はズバリ「君をのせて」です。

この君をのせてですが、実は歌詞付きで流れるのがこの「エンディング」だけだとご存知でしたか?

物語の中でも凝った編集をされ、音楽のみ使用されているのです。

ただ、最初から物語を見ていると、耳に「君をのせて」が何度か聞こえてきますが、

「あのち~へい~せ~ん~」と歌詞付きで流れるのは、最後の「エンディング」だけなのです。

あまりにも頭に歌詞が入っている人が多くメロディーが流れると頭の中で歌詞を付けて歌っちゃっているのでしょう。

あれ?歌詞付きで流れるのっていつだっけ?と思っても不思議ではありませんね。

ちなみにこの「君をのせて」の作詞は宮崎駿監督、作曲は久石譲が手掛けた曲です。

ジブリ作品の黄金コンビと言われている二人が手掛けただけあって物語に完全にマッチしてますね!

 

このダイナミックな歌詞、曲調、全てが「ラピュタ」なんですね。

この曲なしではラピュタは語れないと言っても過言ではない位、物語同様、心に残る名曲です。

関連記事
【動画付き!】ジブリ映画主題歌一覧とtop5ランキング!【泣ける】
風の谷のナウシカー 今なお新しく耳に残る挿入歌とテーマソングの考察、まとめ
【動画】米良美一が歌う「もののけ姫」主題歌の意味から見る作品の感想

beriberi

beriでした!