いずみいずみ

今回はヤックルについてです♪

ヤックル

シビアなテーマをシビアに描いた「もののけ姫」。重く暗くなりがちな作品に、ほっとできる雰囲気を作っているのが森のコダマたちと、アシタカとともにエミシの村を旅立ったヤックルですね。

どんな窮地にあってもつねにアシタカを守ろうとするヤックルは、ただの使役動物というよりも大切な相棒と呼べる存在です。

今回はそんなヤックルにぐぐっと迫ってみます。

スポンサードリンク

「もののけ姫」のヤックルがかわいいと大人気

「もののけ姫」の作中にはたくさんの動物たちが出てきますが、山犬にしろ猪にしろもののけ側の動物たちはみんな人間に敵意むき出し。同じ動物でもヤックルはアシタカによくなついていて、主人を守ろうとするけなげさがありますね。

アシタカにとってヤックルは背に乗り移動するための手段なだけじゃなくて、相棒とか親友とか、ほんとうに強い絆で結ばれた存在なのがよく伝わってきます。ジブリファンの間でもヤックルがかわいいと人気が高く、ぬいぐるみやグッズもたくさん作られていますね。

ヤックルのモデルとなった動物はなに?

ヤックルは実在の動物ではなくて、宮崎駿監督が創造した架空の動物のようです。

設定によると

今は絶滅した、アカシシと呼ばれる偶蹄類の仲間

となっています。

ジコ坊が初めてアシタカと出会ったとき、こう言っていますね。

東の果てにアカシシにまたがり石のヤジリを使う勇壮なるエミシの一族

ヤックルはアカシシで、アカシシはアシタカたちエミシ一族が乗り物として使う動物だというのが分かります。このアカシシ、角からすると鹿の仲間のようだけど、モデルとなった動物はなんでしょうね?

「もののけ姫」の舞台とされる屋久島に住むヤクシカがモデルじゃないかという説があるそうですが、調べてみるとヤクシカって「小型の鹿」だそうで、ちょっと違うかなぁと思います。

いろいろ考えてみると「シシ」ってなんだ? という疑問に行き着きます。「シシ」とは「獅子」つまり「ライオン」の意味ではなくて「肉」、なかでも食肉の意味、または「四肢」、哺乳類の前足と後脚をさすのだと考えられます。そういえば猪もいの「シシ」ですよね。同じように鹿はかの「シシ」と呼ばれることもあるそうです。

ということは、つまりアカシシは「毛の赤い鹿」という意味なのかな、と考えられます。

Sponsored Link

ここで面白い発見をしました。日本固有種として天然記念物に指定されているニホンカモシカは別名「アオジシ」と呼ばれるというのです! ニホンカモシカはウシ科で、ヤックルのように巨大な角はありません。

これは想像なんですが、ニホンカモシカの毛を赤くして、東北に伝わる鹿踊り(ししおどり)につけられるような巨大な角をプラスしてできたのが「アカシシ」なのかな、と思います。架空の動物アカシシは絶滅してしまったようだけど、現実の天然記念物アオジシは絶滅させないよう、守っていかなければいけないですね!

「もののけ姫」以前に宮崎駿監督が描いた「シュナの旅」というファンタジー絵物語にもヤックルによく似た動物が登場していますよ。

次のページでは、やっくるの性別、山犬との関係、名言「ヤックルに乗って」を考察!